車の買い取り杉ゾウ|車の様々な情報をお伝えします

車査定額のひみつ

自分の乗っている車を売却するにあたって、どのように査定額がつけられているのか
気になっている人もいるのではないでしょうか。
なにせ自分が今まで大切に乗ってきた車だからこそ、ちゃんとして方法で査定してもらっているのか。
という思いはありますよね。

 

では買取や下取りではどのように査定をしているのかを説明いたします。

 

まず、査定と言っても、詳しく点検しているようで、
そこまで詳しく見ていません。
というのも、車というのは、分解して内部を見ない限りは本当の状態が分からなく、
また、乗ってみないと分からない。ということもあります。

 

査定の時点では、業者にとっては、まだお客さんの車ですので、
そこまでするわけにはいけませんよね。

 

よって査定でみているのは、キズや重大な外部から見える欠陥がないか。
ただそれだけなんですね。
だって見ただけで車の状態なんてわかるはずもないですから。

 

査定額の付け方

 

で、査定額の付け方ですが、予め査定してもらう前に上司から「いくらまでで買い取ってこい」
そういわれるんです。
いわばその業者の買取相場ですね。
それが買取の限界の価格であり、交渉でどうあがこうが、これ以上額は上がりません。

 

で、もちろん安く買い取って方が会社の利益になりますし、
また、その査定担当の人の成果報酬にもなりますので、
いきなりその限界の額を提示してはきません。

 

で、ここからが交渉というわけなんですね〜。

 

つまり、ほとんど査定額は最初から決まってしまっている。
ということなんです。
もちろん外部にキズなどあると減点対象となり、限界の価格も減額されてしまいます。

 

以上が車査定額の秘密となります。
これを知ったことで私達にはどうすることもできない。というのが歯がゆいですね。