日本の首都圏に車買取店が多い理由は引越し

日本の首都圏に車買取店が多い理由は引越し

車の買取業者のお店は、ほぼ日本全国にあります。ただ地域によって、多い所と少ない所はありますね。
どこよりも多いのは、東京や神奈川などです。いわゆる関東の首都圏ですね。

 

また名古屋地域なども、買取業者の店舗は比較的多いです。中でも名古屋の南東エリアなどは、店舗が比較的多く見られる状況です。
その西側の大阪エリアも非常に多いのですが、特に港湾部に多くのお店が分布している状況です。ちなみに大阪の北側に有る京都エリアなども、比較的多くの買取店があります。

 

このように日本全国の買取店のある場所は、主に都心部なのですね。前述の東京や名古屋や大阪といったエリアは、明らかに日本の主要都市圏になります。郊外のエリアは、それほど買取店の店舗は多くありません。

 

ではなぜそれらの都心部に買取店が多く分布しているかと言うと、やはり引っ越しでしょう。車を売っている方々の理由として多いのは、主に都心部への引っ越しなのです。郊外に住んでいた方々が都心部に引っ越しをする事が多いですが、その際に人々は「もう車は不要ではないか」と思っている傾向があります。郊外のエリアに比べると、都心部は鉄道網が発達している事が多いですね。ですので郊外エリアほど、車が求められない傾向があります。

 

しかも車というのは、税金などが色々とかかってしまいます。それを保有しているだけでお金がかかってしまう訳ですから、毎月の出費を抑えるためにそれを売却している人々が多い訳ですね。

 

もっとも車を手放しても、引き続きレンタカーを利用する方々も多いです。しかし維持費の問題から、とりあえずはマイカーは手放す方々が多い訳です。
首都圏のエリアに車買取店が多いというのは、その傾向を反映している訳です。昨今では車離れが進んでいると言われていますが、それで車買取店の分布は首都圏に集中するようになった訳ですね。